16.20 - 概要 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

これらのマクロおよび関数を使用して、さまざまなFerret SHOWコマンドによって、Teradata Databaseファイル システムの、データ ブロック サイズ、データ ブロックごとの行数に関する統計および、指定されているテーブルまたはテーブル グループのデータ ブロックの圧縮ステータスに関する情報を表示できるようになります。 特定のAMPに頻繁にデータベース オブジェクトのアクセス レポートを実行することもできます。

情報は、FerretユーティリティのSHOWBLOCKS、SHOWCOMPRESS、およびSHOWWHEREコマンドによって表示される情報に類似しています。これらのマクロおよび関数からの情報は通常のデータベース テーブルで作成されるため、情報の共有と処理をより簡単に行なうことができます。この情報を作成し表示するためのアクセス権は、標準のSQL GRANTおよびREVOKE権限文を使用してより簡単に管理することもできます。