16.20 - 使用上の注意 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN
  • クエリー ログの分析時間を短縮するには、指定したLogStartTimeおよび/またはLogEndTime内にあるクエリーに制限します。指定したLogStartTimeがNULLの場合、分析はクエリー ログの先頭から読み取ります。指定したLogEndTimeがNULLの場合、分析はクエリー ログの末尾まで読み取ります。
  • LogDatabaseがNULLの場合、テーブルはデータベースごとにグループ化されます。
  • DBCおよびPDCRDATA以外のLogDatabasesでは、AnalyzeSPを呼び出す前に、ユーザーTDMapsにクエリー ログ テーブルのSELECT権限を付与する必要があります。
  • AnalyzeSPへの呼び出しから生成されたすべてのアクションは、NULL値を持つことができない共通識別子OutputActionListに関連付けられます。推奨されるアクションは、テーブルTDMaps ActionsTblに行として書き込まれます。アクション型は、ALTERおよびEXCLUDEに制限されます。
  • OutputActionListによって識別される推奨分析は、ManageMoveTablesSPに入力パラメータとして渡すことができ、推奨するアクションを実行します。
  • OutputActionList値がアクション テーブルにすでに存在するアクション リストに対応している場合は、エラーが発生します。
  • クエリー ログ データがない場合、テーブルはデータベースごとにグループ化されます。ログ データ ベースが指定されていてもログ データがない場合、各テーブルは独自のグループに属しており、本質的には何もグループ化されません。
  • 出力パラメータNumLogEntriesが値0を返す場合、クエリー ログは実行するアクションを示します。
  • エラー テーブル(CREATE ERROR TABLEによって作成)は、基本テーブルの後にActionsTblに追加されます。