16.20 - 使用上の注意 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

Teradata Databaseが集約UDF式を評価するとき、入力引数を介してグループの詳細値を渡し、集約グループ内の各項目に対し1回ずつ集約関数を呼び出します。サマリー情報を集積するため、集約関数が呼び出されるたびにコンテキストが保持されます。

集約関数呼び出しの引数に適用されるルールは、スカラー関数呼び出しに適用されるルールと同じです。 UDF引数を参照してください。

集約UDFの結果のタイプは、CREATE FUNCTION文のRETURNS句で指定されている戻りタイプに基づきます。結果パラメータがTD_ANYTYPEデータ型の場合の、戻りタイプの決定方法については、結果のデータ型を参照してください。

集約UDFのデフォルト タイトルは、次のようになります。

   UDF_name 
(argument_list 
)