16.20 - tdheatmap関数、マクロおよびビューの違い - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

tdheatmap関数、マクロの呼び出し、またはビューの作成の間には違いがあります。次のテーブルにはその違いが示されており、使用するメソッドの選択に役立ちます。

  テーブル関数tdheatmap マクロtdheatmap_m ビューtdheatmap_v
ヒートマップ レポートは常に同じAMPから取得することが保証されます。     X
任意のスキューが予測される場合、別のAMPでヒートマップ レポートをチェックする機能。 X X  
表示する特定の列のみを選択する機能。 X   X
オブジェクトの英語名を取得できるように、'StartTableIdUniq'をDBC.TVM.TVMIDへの結合に使用します。これが必要なのは、演算子がデータベースとテーブルの名前を英語表記で出力しないためです。追加のクエリーを記述してこれを取得する必要があります。 X X X
生成されるヒートマップ レポートの範囲を制限するデータベース オブジェクトの名前を指定する機能。 X   X