16.20 - 例:オブジェクト リストの作成 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

この例では、‘MyObjects’という名前のオブジェクト リストを作成します。‘MyObjects’には‘Payroll'’データベース内のすべてのテーブル、個別のテーブル‘Employee.Withholding’、および‘Rate’で始まる名前を持つ‘Taxes’データベース内のすべてのテーブルが含まれています。

CALL TDMaps.CreateObjectListSP('MyObjects', NULL, :ObjectListId);
CALL TDMaps.AddObjectListEntrySP('MyObjects', 'Payroll', NULL,:NumObjectsAdded);
CALL TDMaps.AddObjectListEntrySP('MyObjects', 'Employee’, 'Withholding',:NumObjectsAdded);
CALL TDMaps.AddObjectListEntrySP('MyObjects', 'Taxes', 'Rate%',:NumObjectsAdded);