16.20 - CreateObjectListSP - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

目的

1つ以上のデータベース、テーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスで構成される名前付きオブジェクト リストを作成します。これらのリストは、AnalyzeSPが動作するための大きなオブジェクト スコープを指定する場合に便利です。

このプロシージャは、AddObjectListEntrySP(X)と連動して動作します。CreateObjectListSPは、空のリストを作成するために一度呼び出され、AddObjectListEntrySP(X)を繰り返し呼び出して、そのリストに個々のオブジェクトを追加します。指定されたリストは、テーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスの任意の組み合わせで定義できます。

構文規則



TDMaps.
データベースの名前。
'ObjectListName'
オブジェクト リストの名前。指定する必要があります。
'DictionaryDatabase'
TVM所属などのデータ ディクショナリ テーブルが存在するデータベースの名前。
:ObjectListID
リストのシステムによって割り当てられた数値の識別子である出力パラメータ。