16.20 - 例: SHOWWHEREの短形式のファイル システム情報テーブルの作成 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

この文は、SHOWWHEREの短形式出力を保持するための永続的な非フォールバック ターゲット テーブル'showw_s'を作成します。

exec dbc.createfsysinfotable ('SystemInfo’ ','showw_s','perm','n','showwhere','s', 'TD_Map1');

オプションを'M'または'L'に変更して、中形式または長形式の出力を表示します。