16.20 - 例: tdheatmap_mマクロの使用 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

目的

tdheatmap_mマクロは、温度情報を取得するもう1つの方法です。このマクロを実行して、Date、Time、DatabaseName、TableName、CylinderIdなどの追加の列を表示します。

マクロを使用する場合、特定の列を選択できないか、WHERE 句を使用できません。

構文

tdheatmap_mマクロは、tdheatmapテーブル関数を使用して自動的に作成されます。またこのマクロは、入力パラメータとしてAMP数を取り込み、DBCデータベースで作成されます。

次の例では、tdheatmap_mマクロを使用してAMP 1のヒートマップを生成します。
EXECUTE DBC.tdheatmap_m(1);

結果の出力: