16.20 - 例の使用上の注意 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN
  • いずれの列リストにも含まれていないテーブルTの列は、「コピー列」と呼ばれており、どの出力行にも含まれています。
  • 値列名およびUNPIVOT列名は、テーブルTに存在しない必要があります。
  • column_list_valueに含まれている名前は、テーブルTに存在する必要があります。
  • VALUE_COLUMNSの数は、各列リストに含まれる列の数と等しくなければなりません。1つの列リストでは、1つの出力行の値列にどのソース列をマップするかを定義します。
  • 列別名リスト値は、どのソース列(複数可)データがその行の値列にあるかを示すためにUNPIVOT_COLUMNで使用される名前です。

    指定する場合、別名の数は列リストの数と等しくなければなりません。

    指定しない場合、列の別名はデフォルトで列リストの列が「_」で連結された名前に設定されます。

  • UNPIVOT_COLUMNはVARCHAR(1000)です。
  • INCLUDE_NULLS = 'yes'の場合、どの入力行でも出力行が正確にn行だけ存在します。nは、列リストの数です。

    INCLUDE_NULLS = 'no'の場合、どの入力行でも出力行が最大でもn行だけ存在します。nは、列リストの数です。すべての値列がNULLである行は除外されます。