16.20 - 例2 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

次のテーブルおよび関数の定義を考えてみます。

CREATE TABLE T1 (intCol INTEGER, 
                 varCharCol VARCHAR(40) CHARACTER SET UNICODE);
CREATE TABLE T2 (intCol INTEGER, 
                 decimalCol DECIMAL (10, 6));
CREATE FUNCTION myUDF1 (A INTEGER, B TD_ANYTYPE) 
RETURNS TD_ANYTYPE;
CREATE FUNCTION myUDF2 (A TD_ANYTYPE, B TD_ANYTYPE) 
RETURNS TD_ANYTYPE;

次のmyUDF1の呼び出しでは、RETURNS data_type句を使用して、UDFの戻り型をDECIMAL(10,6)にするように指定します。

SELECT (myUDF1 (T1.intCol, T2.decimalCol) RETURNS DECIMAL(10,6)); 

次のmyUDF2の呼び出しでは、RETURNS STYLE句を使用して、UDFの戻りタイプをT1.varCharCol列のデータ型(VARCHAR(40) CHARACTER SET UNICODE)にするように指定します。

SELECT (myUDF2 (T1.varCharCol, T2.decimalCol)
   RETURNS STYLE T1.varCharCol);