16.20 - 例: 特定のテーブルを示すデータ温度レポート - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

シリンダID '0006000100000038' の温度特性を示すヒートマップ レポートの例は次のとおりです。

わかりやすいように、1つのシリンダが選択されます。
SELECT * FROM demo.tdheatmap_v WHERE DatabaseName = ‘EMPLOYEE’ AND TableName = ‘BASIC_INFO’ ORDER BY Temperature DESC
フィールド 結果
TheDate 9/23/2015
TheTime 20:46:49
AmpNumber 1
databaseName EMPLOYEE
TableName BASIC_INFO
StartTableId 00-00-0A-A8-04-0A
StartTableIdUniq 00-00-A8-0A
StartTableIdTypeAndIndex 1,024
StartPartition 0
StartRowId DB-BA-AF-F3-00-00-00-01
EndTableId 00-00-0A-A8-04-0A
EndTableIdUniq 00-00-A8-0A
EndTableIdTypeAndIndex 1,024
EndPartition 0
EndRowHash F0-30-4E-94
CylinderId 00-06-00-01-00-00-00-38
CylinderIdMsw 393,217
CylinderIdLsw 56
Temperature 29.41
NormalizedTempInfo WARM
RequestedTempInfo WARM
VeryHotCandidate  
VeryHotCache  
TempWarmCeiling 113.42
TempWarmFloor 18.11
TempVeryHotFloor 0
percentFull 90.72
TempPercent 47.00
Grade MEDIUM
MediaType DISK
StorageClass PRIMARY
このサンプルのヒートマップ レポートは次を示します。
  1. シリンダはプライマリ永久テーブルに属します。
    StartTableIdTypeAndIndex = 1024
  2. TIMは有効ではありません。
    VeryHotCandidate = BLANK
    および
    VeryHotCache = BLANK
    および
    TempVeryHotFloor = 0
  3. このシリンダは混合シリンダではありません。
    StartTableIdUniq = 0000A80A
    および
    EndTableIdUniq = 0000A80A
    混合シリンダでない場合、StartTableIdUniqとEndTableIdUniqは異なる値を示します。
  4. このヒートマップはAMP 1から取得されました。
    AmpNumber = 1
  5. このテーブルはパーティション化されていません。
    StartPartition = 0
    および
    EndPartition = 0