16.20 - 例: SCRIPTテーブル演算子を使用してPythonスクリプトを起動する - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

この例では、SCRIPTテーブル演算子を使用してPythonスクリプト ファイルを呼び出します。スクリプトmapper.pyはテキスト入力の行(“Old Macdonald Had A Farm”)を読み込み、その行を個別の語に分割し、各語に対し新しい行を作成します。

Pythonスクリプトの例:

#!/usr/bin/python
import sys
# input comes from STDIN (standard input)
for line in sys.stdin:
    # remove leading and trailing whitespace
    line = line.strip()
    # split the line into words
    words = line.split()
    # increase counters
    for word in words:
        # write the results to STDOUT (standard output);
        # what we output here will be the input for the
        # Reduce step, i.e. the input for reducer.py
        #
        # tab-delimited; the trivial word count is 1
print '%s\t%s' % (word, 1)

スクリプトをインストールするには、以下のコマンドを実行します。

CALL SYSUIF.INSTALL_FILE('mapper', 'mapper.py'
                         'cz!/tmp/mapper.py');

テーブル境界には文がテキスト入力の1行として含まれています。

Id int Name varchar(100)
1 Old Macdonald Had A Farm

文を個別の語に分割するには、以下のスクリプトを実行します。

SELECT * FROM SCRIPT
( ON ( SELECT name FROM barrier )	
SCRIPT_COMMAND('./mydb/mapper.py')
	RETURNS ( 'word varchar(10)', 'count_input int' ) ) AS tab;
);

結果:

Word Count_input
Old 1
Macdonald 1
Had 1
A 1
Farm 1