16.20 - 例: 複数の入力行列、1つのSQL文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

次の例では、テーブルTに例: 1つの入力行列、単一のSQL文および例: 1つの入力行列、複数のSQL文のテーブルTと同じ気象データがあります。この例では、観測地点に加えて、大陸用に追加のVARCHAR列があり、行列IDで表わしています。この目的は、大陸のデータごとに1つずつ、計7個のSSCP行列を生成することです。

CALCMATRIXを計2回、1回はLOCALフェーズのため、もう1回はCOMBINEフェーズのために呼び出すSQL文を使用します。

select * from calcmatrix( ON (
   select * from calcmatrix( ON (select continent, temperature,    air_pressure, rainfall from T) LOCAL ORDER BY continent USING    PHASE('LOCAL') )X )
   HASH BY continent
   LOCAL ORDER BY continent
   USING PHASE('COMBINE')
   )Y
   order by continent, rownum;

次のテーブルの結果セットは、大陸別の気象データのSSCP行列です。

その行列のうち2つのみを次に示します。
continent rownum rowname temperature air_pressure rainfall
Europe 1 temperature n n n
Europe 2 air_pressure n n n
Europe 3 rainfall n n n
continent rownum rowname temperature air_pressure rainfall
Asia 1 temperature n n n
Asia 2 air_pressure n n n
Asia 3 rainfall n n n