16.20 - 概要 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

次の節では、文字またはバイト タイプの列データを圧縮および圧縮解除するために、アルゴリズム圧縮(ALC)と連携して使用可能な関数について説明します。データの圧縮により、領域の使用率とディスク入出力のサイズを減らします。

ここで説明する圧縮関数と圧縮解除関数が、使用目的に適っていない場合は、テーブルの列を圧縮または圧縮解除する独自のユーザー定義関数(UDF)を作成してください。

ALCをブロック レベル圧縮(BLC)と一緒に使用するとパフォーマンスが低下することがあるため、この方法はお勧めしません。

前提条件

ここで取り上げる関数は、埋め込みサービス システム関数です。埋め込みサービス関数の有効化と呼び出しの詳細については、<Teradata Vantage™ SQL関数、式、および述部、B035-1145>の「埋め込みサービス システム関数」を参照してください。

詳細情報 参照先
ALC
  • <Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 構文規則および例、B035-1144>の「COMPRESS句とDECOMPRESS句」および「CREATE TABLE」 。
ALC用UDFの作成
  • <Teradata Vantage™ SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>の「アルゴリズム圧縮に対応した関数の定義」。
Teradata Databaseでサポートされる圧縮方式、およびさまざまな圧縮方式の比較
  • <Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>の「データの圧縮の使用」。
  • <Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>の「圧縮方法」。