16.20 - 使用上の注意 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

CreateObjectListSPは、指定されたObjectListNameのシステム割り当ての数値識別子を返します。AddObjectListEntryを呼び出すときは、そのリストを識別するためにObjectListNameを指定する必要があります。

DictionaryDatabaseは、データ ディクショナリ テーブルの格納場所を定義します。これを定義するか、NULLを使用します。オブジェクトが定義されているシステムとは別のシステムで、AnalyzeSPを実行しているときに、DictionaryDatabaseを設定します。ソース システムからAnalyzeSPが実行されるシステム上のDictionaryDatabaseに次の内容をコピーします。
  • Maps
  • Dbase
  • TVM
  • TVFields
  • DBQLStepTbl
  • ObjectUsage
  • DatabaseSpace
DictionaryDatabaseで次のビューを作成します:
  • Tables2V
  • Databases2V
  • MapsV
  • QryLogStepsV
  • ColumnsV
  • InsertUseCountV
  • UpdateUseCountV
  • DeleteUseCountV
  • DiskSpaceV