16.20 - INSERT (ANSI Valid-Timeテーブル フォーム) - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1186-162K-JPN

目的

テンポラル テーブルに新しい行を追加します。

構文

テンポラル テーブルに行を挿入するための特別なテンポラル構文はありません。標準のSQL INSERT文を使用します。ただし、次の点に注意してください。

  • valid-time派生期間列を構成する開始境界列と終了境界列の値を含める必要があります。
  • Teradata Databaseのどのタイプの派生期間列でも、派生期間列自体のPeriodタイプ値を挿入することはできません。

例: Valid-Timeテーブルへの行の挿入

INSERT INTO employee_valid_time VALUES 
 (1001,'Sania',’TW08’,DATE'2002-01-01',DATE'2006-12-31');
INSERT INTO employee_vt VALUES 
 (1004,'Fred',’PW12’, DATE'2001-05-01',UNTIL_CHANGED);
INSERT INTO employee_vt VALUES 
 (1002,'Ash',’TA05’,DATE'2003-01-01',DATE'2003-12-31');
INSERT INTO employee_vt VALUES 
 (1003,'SRK',’TM02’,DATE'2004-02-10',DATE'2005-02-10');
INSERT INTO employee_vt VALUES 
 (1005,'Alice',’TW10’,DATE'2004-12-01',DATE’2005-12-01’);
INSERT INTO employee_vt VALUES 
 (1005,'Alice',’PW11’,DATE'2005-12-01',UNTIL_CHANGED);
INSERT INTO cmployee_vt VALUES 
 (1010,’Mike’,’TW07’,DATE'2015-01-01',DATE'2016-12-31');


valid-time期間を構成する開始列と終了列の値は、INSERT文で提供する必要があります。UNTIL_CHANGEDは、ANSIに対するTeradata Databaseの拡張機能で、valid-timeテーブルに行を挿入するときに使用できます。これは、valid-time期間終了境界列に定義されたデータ型に応じて、最大システムDATEまたはTIIMESTAMP値で解決されます。