16.20 - ANSI Valid-Timeテーブルの行の変更 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1186-162K-JPN

テンポラル テーブルの行に変更が行なわれると、Teradata Databaseは必要に応じてvalid-time期間の自動処理を行ない、タイムリーに情報を保持します。

valid-timeテーブルへのDELETEおよびUPDATE変更では、FOR PORTION OF修飾子を使用して、変更の有効性に時間の境界を設定できます。変更が有効な期間は、変更の適用期間(PA)と呼ばれます。Teradata Databaseは、変更のPAと行のvalid-time期間(行の有効期間(PV)とも呼ばれる)の関係に基づいて、影響を受ける行を選択します。PVは情報が有効になるとみなされる時を定義するからです。

変更のPAと各行のPVの関係によって、変更に適格な行が決まります。また、変更が有効になる時およびvalid-time期間中のデータの変更により、テーブル内に新しい行が自動的に作成されるかどうかがわかります。

テンポラル テーブルへの変更のために"Teradata Database" によって新しい行が自動的に生成されるメカニズムの詳細はテンポラル テーブルの変更で説明されています。