16.20 - テンポラル テーブルへのデータのバルクロード - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1186-162K-JPN

Teradata Databaseは、テンポラル テーブルにデータをバルクロードするために、以下の3つの方法をサポートしています。

  • FastLoad(およびFastLoadプロトコルをサポートするアプリケーション)では、テーブルが列パーティション化されていない場合、直接、空のテンポラル テーブルへバルクロードを実行できます。

    FastLoadスクリプトにCHECKPOINTの指定が含まれている場合に、ロード中に再始動すると、再始動後に挿入された行のsystem-time値が変更されることがあります。

    この場合は、非テンポラル テーブルを作成し、データをロードしてから、ALTER TABLEを使用してSYSTEM_TIME派生期間列およびシステムのバージョン情報を追加します。

  • Multiloadを使用して、非テンポラルのステージング テーブルにデータをロードし、その後にINSERT ... SELECT文を使用して、ステージング テーブルのデータをテンポラル テーブルおよびALTER TABLEにロードし、テーブルをシステムのバージョン情報を含むsystem-timeテーブルに変換します。
  • Teradata Parallel Transporter (TPT)には、valid-time NoPIステージング テーブルからvalid-timeテーブルまたは二重テンポラル テーブルへテンポラル データをロードできるUpdateオペレータが含まれています。