16.20 - 派生PERIOD列 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1186-162K-JPN

派生期間列は、テーブルの他の列にあるDateTimeデータから派生します。派生期間列は、テーブル定義で指定することができ、データベースで動的に保守されます。

ANSIテンポラル テーブルには、1つか2つの派生期間列があり、別の種類の時間を表わすことができます。これらの派生期間列は、2つのレギュラーのDateTime型の列からの値を組み合わせ、2つのコンポーネント列の値で区切られた期間または継続時間を表わします。CREATEおよびALTER TABLE文の特殊なSQL DDL構文では、これらの派生期間列を指定してテンポラル テーブルを作成することができます。

派生期間列で表現する期間は、開始境界値から始まり、終了境界値まで続きます。ただし、終了境界値は含みません。

派生期間列は、ネイティブのTeradata Database PERIODデータ型列と非常に似た方法で機能します。PERIODデータ型は、ANSIと互換性がありません。ANSI SQL:2011規格に対するTeradataの拡張機能です。Teradata Databaseは、Periodデータ型を演算子、関数、述部を含め幅広くサポートしています。これらの多くは、派生テンポラル列で使用できます。期間関数BEGIN、END、LAST、INTERVAL、および期間述部演算子MEETSは、標準のANSI SQLではありません。