16.20 - Valid-Timeテーブルのトリガーの定義 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1186-162K-JPN

valid-timeテーブルのINSERT、DELETE、およびUPDATE操作にトリガーを定義できます。以下の制限事項に注意してください。

  • BEFOREトリガーの場合、定義された操作は、valid-time派生期間列の構成要素開始または終了境界のDateTime列を参照できません。
  • 操作をトリガーするDELETEまたはUPDATE操作は、非修飾であるか、またはテンポラルFOR PORTION OF修飾子を含む場合があります。
  • ANSIテンポラル テーブルのDELETEおよびUPDATEトリガー操作は、FOR PORTION OFで修飾できます。