16.20 - UNTIL_CLOSEDおよびUNTIL_CHANGED - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1186-162K-JPN

UNTIL_CLOSEDおよびUNTIL_CHANGEDは、期間が無期限、永久、または終了が指定されていない、および将来の不明な時間である場合に、テンポラル期間の終了境界を表わす、ある種の状況でTeradata Databaseによって理解される特殊用語です。この用語は、「システムのタイムスタンプまたは日付の最大値」を表わしています。

  • UNTIL_CLOSEDは、system-time期間とともに使用し、TIMESTAMP '9999-12-31 23:59:59.999999+00:00'を表わしています。
  • UNTIL_CHANGEDは、valid-time期間とともに使用します。この値は、valid-time列のデータ型と精度によって異なります。型がDATEの場合、UNTIL_CHANGEDは値DATE '9999-12-31'です。型がTIMESTAMPの場合、UNTIL_CHANGEDは値TIMESTAMP '9999-12-31 23:59:59.999999+00:00'で、valid-time開始および終了列に指定されたデータ型と一致する精度とタイムゾーンを持ちます。

これらの用語は現在のANSI規格に準拠していませんが、Teradata Databaseでは、INSERTおよびANSI valid-timeテーブルの一部の問合わせでUNTIL_CHANGEDの使用をサポートしています。

次の4つの関数、またANSI規格の拡張機能は、Teradata DatabaseでANSIテンポラル テーブルの問合わせを実行するときにWHERE句で使用できます。

  • IS UNTIL_CLOSED
  • IS NOT UNTIL_CLOSED
  • IS UNTIL_CHANGED
  • IS NOT UNTIL_CHANGED

これらの関数の詳細については、SQL関数、演算子、式および述部およびSQLデータ型およびリテラルのPERIODデータ型の説明を参照してください。