16.20 - ANSI System-timeテーブルの行の変更 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1186-162K-JPN

システムのバージョン情報を含むsystem-timeテーブルの行に変更が行なわれると、Teradata Databaseは必要に応じてsystem-time期間の自動処理を行ない、タイムリーに情報をメンテナンスします。

system-timeテーブルへのDELETEおよびUPDATE変更では、変更の永続的な記録がデータベースに残ります。削除された行は、system-time期間の終わりを削除時間に設定して「クローズ」になっています。行への変更により、システム時間の古い行がクローズされ、変更時に始まるsystem-time期間による新しい情報を反映する新しい行が自動的に作成されます。

クローズされた行は、明示的に除去されて物理的にテーブルから削除されるまでsystem-timeテーブルに残ります。これは、システムのバージョン情報が明示的にテーブルから削除され、その時にすべてのクローズ行が自動的に削除される場合にのみ発生します。

テンポラル テーブルへの変更のために"Teradata Database" によって新しい行が自動的に生成されるメカニズムの詳細はテンポラル テーブルの変更で説明されています。