16.20 - CREATE TABLE (ANSI Valid-Timeテーブル フォーム) - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1186-162K-JPN

目的

新しいANSI valid-timeテーブルを作成します。

構文



table_name
valid-timeテーブルの名前。データベース修飾子を含む場合があります。
valid_start
valid-time期間の開始境界を保存する列の名前。
valid_end
valid-time期間の終了境界を保存する列の名前。
precision
タイムスタンプ値の精度です。デフォルト値は6です。
valid_time_period
valid-time派生期間列の名前。
[AS] VALIDTIME
Teradata Databaseでvalid-timeテーブルを作成するために必要です。
[AS] VALIDTIME句を使用すれば、valid-timeテーブルのSELECT文でANSIがvalid-timeテーブルでサポートしていない特別なテンポラル修飾子(AS OF、BETWEEN...AND、FROM...TO、CONTAINED IN)を使用できます。詳細については、ANSI Valid-Timeテーブルの問合わせを参照してください。
[AS] VALIDTIMEは、ANSIに対するTeradata Databaseの拡張機能です。

ANSI準拠

この文はANSI SQL:2011に準拠していますが、非ANSI Teradata Database拡張機能を含みます。

[AS] VALIDTIMEはANSI準拠ではありませんが、Teradata Databaseで定義されるvalid-timeテーブルに含める必要があります。

使用上の注意

  • 有効時間は、ANSIで「アプリケーション時間」と呼ばれているもののTeradataでの実装です。
  • valid_start列とvalid_end列はNOT NULLとして定義する必要があります。
  • valid_start列とvalid_end列のデータ型は一致していなければなりません。
  • テンポラル テーブルとして機能するには、valid-timeテーブルをAS VALIDTIMEと定義する必要があります。System-timeテーブルには、有効時間はありません。
  • 1つのテーブルは1つのvalid-time期間定義のみ持つことができます。
  • valid-timeテーブルは、キュー、エラー、グローバル一時トレース テーブルにすることはできません。
  • valid-time派生期間列で統計情報を収集することはできませんが、構成要素の開始および終了時間列で収集できます。
  • アルゴリズム圧縮(ALC)は、テンポラル派生期間列の開始および終了境界値の役割を果たすDateTime列では使用できません。

例: ANSI Valid-Timeテーブルの作成

次の例で、valid-timeテーブルを作成します。

CREATE MULTISET TABLE employee_valid_time (
 eid INTEGER NOT NULL,
 ename VARCHAR(5) NOT NULL,
 terms VARCHAR(5),
 job_start DATE NOT NULL,
 job_end DATE NOT NULL,
 PERIOD FOR job_dur(job_start,job_end) AS VALIDTIME
 )
 PRIMARY INDEX (eid);