16.20 - 行のテンポラル テーブルへの挿入 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1186-162K-JPN

テンポラル テーブルは時間を認識した手法で情報を追跡するため、テンポラル テーブルに挿入された新しい情報はいずれも、少なくとも次の1つの期間と関連付ける必要があります:システム時間または有効時間。二重テンポラル テーブルの行には、両方の種類の期間が含まれます。

  • system-timeテーブルに行を挿入する場合は、Teradata Databaseがsystem-time期間を管理します。system-time期間の開始は、行がテーブルに挿入された時点に設定されます。また、system-time期間の終了は、UNTIL-CLOSEDに設定されます。この行はオープンで、行が削除されるか、行に対する変更により元の情報が無効になるまでSQL操作にアクティブに関与すると見なされます。
  • valid-timeテーブルに行を挿入する場合は、行のvalid-time期間の開始と終了、および行の情報が有効である期間を指定する必要があります。この期間は、過去、現在時刻を含むもの、または将来の期間である可能性があります。valid-time期間は、過去から将来にわたる可能性があります。無期限に有効な情報を含む行を挿入しようとしている場合は、valid-time期間の終了値をUNTIL_CHANGEDに設定します。

テンポラル テーブルへの行の挿入の詳細については、テンポラル テーブルの変更を参照してください。