16.20 - Teradata DatabaseとAster Databaseの分析関数 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - NewSQL Engineの分析関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1206-162K-JPN

次の表は、Teradata DatabaseとAster Databaseの分析関数の違いをまとめたものです。

Teradata Database分析関数 Aster Database分析関数
PARTITION BY句では、列を位置(整数)で指定できます。PARTITION BY 1は行を列1でパーティション化します。 PARTITION BY句は列名のみを受け入れます。PARTITION BY 1では、関数が1つのワーカー ノードですべての行を処理します。
テーブル演算子の出力では、別名が必要です。 関数の出力では、別名は省略可能です。
関数の引数を指定するには、USING句を使用する必要があります。 関数の構文にUSING句は含まれません。
関数の引数は列範囲をサポートしません。 関数の引数は列範囲をサポートします。