16.20 - JobVariablesFileの記述 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - NewSQL Engineの分析関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1206-162K-JPN
  • 次のスクリプトの変数に値を代入して、JobVariablesFileを記述します。
    DDLTdpId               = 'td_host_name_or_ip'
    ,DDLUserName           = 'td_user'
    ,DDLUserPassword       = 'td_user_password'
    ,DDLErrorList          = ['3807']
    ,DDLPrivateLogName     = 'DDL001S1'
    ,TargetTable           = 'td_table_name'
    ,ODBCPrivateLogName    = 'ODB039P1'
    ,ODBCDSNName           = 'Data_Source_Name_specified_in_DSN_Setup_form'
    ,TruncateData          = {'Y' | 'N'}
    ,ODBCUserName          = 'aster_user'
    ,ODBCUserPassword      = 'aster_user_password'
    ,LOADPrivateLogName    = 'ODB039C1'
    ,LOADTDPID             = 'td_host_name_or_ip'
    ,LOADUserName          = 'td_user'
    ,LOADUserPassword      = 'td_user_password'
    ,SelectStmt            = 'SELECT * FROM aster_table_name;'
    ,LOADTargetTable       = 'td_table_name'
    
    TruncateDataでは、'Y'を指定すると、未使用の領域をトリミングします。デフォルトは'N'です。DSN設定フォームのMaxLenVarcharフィールド(クライアントでのAsterドライバの設定を参照)がtptスクリプトのTD_compatible_table_definitionで指定される最大VARCHAR長を超える場合は、'Y'を指定してください。そうでない場合は、ODBCはスクリプトを読み込めません。