16.20 - 修正移動平均 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - NewSQL Engineの分析関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1206-162K-JPN

修正移動平均(MMA)の最初の点は、単純移動平均の最初の点と同様に計算されます。後続の各点は、最新の計算された修正移動平均値に新しい値を加算し、その合計から、最後の平均値を減算することによって計算されます。その結果が、新しい修正移動平均の値になります。

MAvgType ('M')の場合、MovingAverage関数は次のプロシージャを使用します。
  1. 最初のwindow_size行の算術平均を計算します。

    window_size値はWindowSize引数によって指定されます。

  2. 後続の各行については、次の式を使用して新しい修正移動平均値を計算します。

    MMAM = MMAM-1 + (1/window_size) (VM - MMAM-1)

    VMは現在の値です。