16.20 - DecisionTreePredict引数 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - NewSQL Engineの分析関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1206-162K-JPN
AttrTableGroupByColumns
AttributeTableをパーティション化する列の名前を指定します。各パーティションには、入力データの1つの属性が含まれます。
AttrTablePIDColumns
データ ポイント識別子を定義する列の名前を指定します。
AttrTableValColumn
入力値を含んでいるAttributeTable列の名前を指定します。
OutputResponseProbDist
確率を出力するかどうかを指定します。この値がtrueの場合は、AttributeTableテーブル内のすべてのラベルをResponses引数で指定する必要があります。
デフォルト: 'false'
Responses

(OutputResponseProbDistがtrueの場合に必要)入力テーブルのラベルを指定します。

Accumulate
(オプション)出力テーブルにコピーする入力列の名前を指定します。
この関数を使用してML EngineROC関数の入力を作成する場合は、この引数にactual_labelを指定する必要があります。DecisionTreePredict例2: ROCの入力の作成を参照してください。