16.20 - Sessionizeの目的 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - NewSQL Engineの分析関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1206-162K-JPN

Sessionize関数は、セッションでの個々のクリックを固有のセッション識別子にマップします。セッションはあるユーザーによるクリックのシーケンスで、それらのクリックは最大でもn秒で区切られます。

この関数は、セッション化およびWebクローラ(「ボット」)活動の検出に便利です。一般的には、Webサイトでのユーザーのブラウジング行動を把握するために使用します。