16.20 - Pack引数 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - NewSQL Engineの分析関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1206-162K-JPN
TargetColumns
[オプション] 1つの出力列にパックする入力テーブル列の名前を指定します。列名はTeradata Vantage™ SQL基礎、B035-1141で定義される有効なオブジェクト名でなければなりません。
これらの名前は、仮想列の列名になります。この引数を指定しながらすべての入力テーブル列を指定しない場合、関数は未指定の入力テーブル列を出力テーブルにコピーします。
デフォルトの動作: すべての入力テーブル列が1つの出力列にパックされます。
Delimiter
[オプション] パックされたデータの仮想列を分離する区切り記号を正規化形式C (NFC)の単一のUnicode文字で指定します。delimiterは大文字と小文字を区別します。
デフォルト: ','(カンマ)
IncludeColumnName
(オプション)仮想列の値ごとにその列名のラベルを付けるかどうかを指定します(仮想列target_column: value)。
デフォルト: 'true'
OutputColumn
パック済み出力列に付ける名前を指定します。名前はTeradata Vantage™ SQL基礎、B035-1141で定義された有効なオブジェクト名でなければなりません。