16.20 - StringSimilarity入力 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - NewSQL Engineの分析関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1206-162K-JPN
テーブルには新たな列を追加できますが、関数はそれを無視します。
データ型 説明
column1 CHARACTERまたはVARCHAR (指定されたcolumn1ごとに列が1回表示されます。)column2の文字列と比較する文字列。
column2 CHARACTERまたはVARCHAR (指定されたcolumn2ごとに列が1回表示されます。)column1の文字列と比較する文字列。
accumulate_column いずれか (指定されたaccumulate_columnごとに列が1回表示されます。)出力テーブルにコピーする列。
入力テーブル スキーマ内のcolumn1またはcolumn2が、200文字を超える文字数をサポートしている場合は、VARCHAR(200)にキャストする必要があります。StringSimilarity引数の例を参照してください。