16.20 - 累積移動平均 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - NewSQL Engineの分析関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1206-162K-JPN

累積移動平均(CMA)では、データは時間の経過とともに順序付きデータ ストリームのデータ セットに追加されます。目的は、新しいデータが到着した各時点におけるすべてのデータの平均を計算することです。典型的なユース ケースは、投資家が現在時点までの特定の株式の全取引の平均価格を求めたい場合です。

MAvgType ('C')の場合、MovingAverage関数は、次の式を使用して系列の先頭からすべての行の算術平均を計算します。

CMA = (V1 + V2 + ... + VN)/N

Viは値です。Nはデータ セットの先頭からの行数です。