スキーマ管理

Teradata® Database XMLデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1140-162K-JPN

XML型のメソッド(CREATESCHEMABASEDXMLやISSCHEMAVALIDなど)は、XSD(XMLスキーマ定義)スキーマをパラメータとし、それに照らしてXML型インスタンスの検証を実施します。Teradataは、スキーマを、それに関連する固有識別子と共にXML型の値としてテーブルに格納することをお勧めします。入力引数としてスキーマを必要とするメソッドを呼び出すとき、スキーマ テーブルを結合し、WHERE句で固有識別子を使用してスキーマを指定できます。