構文図の表記規則

Teradata® Database XMLデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1140-162K-JPN

表記規則

アイテム 定義とコメント
文字 AからZのアルファベットの大文字または小文字。
番号 0から9までの数字。

4桁以上の数字を入力するとき、カンマを使用しないでください。

単語 キーワードと変数。
  • 大文字はキーワードを表わします。

    構文図では、オペレーティング システムの制限により小文字にする必要がない限り、すべてのキーワードを大文字で示します。

  • 小文字は、Linuxコマンドなどの小文字で入力する必要があるキーワードを表わします。
  • 文字の大小の混在は、大文字と小文字のルールの例外を表わします。例外は、構文の説明に示されます。
  • 小文字斜体文字は列やテーブル名などの変数を表わします。

    変数は適切な値に置き換えてください。

  • 小文字太字は図の引用部分を表わします。

    抜粋は、それを含んでいる図の直後に定義されます。

  • 下線付きの文字はデフォルト値を表わします。

    これは、大文字と小文字の単語の両方に適用されます。

スペース キーワードや変数などの項目の間にスペースを1つ入れます。
句読点 図に表示されるとおりにすべての句読点を入力します。

パス

構文図のメイン パスは、キーワードが表示された左側から開始し、左から右に、垂直バーまで進みます。垂直バーは図の終わりを示します。矢印または垂直バーのないパスは、構文の一部のみを示しています。

右から左に読むパス部分はループのみです。

継続リンク

パスが長すぎて1行に収まらない場合は、継続リンクを使用します。継続リンクは、リンクの始まりと終わりを示す丸付きの文字です。



構文図に円で囲まれた文字がある場合、対応する円で囲まれた文字に移動して先を続けます。

必須のエントリ

必須のエントリは、メインのパス上に表示されます。



複数のエントリから選択できる場合は、選択肢が垂直方向に並んで表示されます。最初のエントリはメインのパスに表示されます。



オプションのエントリ

オプションのエントリは含めるかまたは無視するかを選ぶことができます。オプションのエントリはメイン パスの下に表示されます。



オプションで複数のエントリから選択できる場合は、メイン パスの下にすべての選択肢が表示されます。



コマンドや文には、オプション項目のいずれかをデフォルト値として扱うものがあります。 この値はUNDERLINEDです。 オプション項目をいずれも選択しないで、これらのコマンドや文を入力すると、デフォルト値が選択されたことになります。

文字列

文字列は、アポストロフィで囲まれて表示されます。



略語

キーワードまたは予約語に有効な省略形がある場合、省略していない形式が常にメインのパスに表示されます。最短の有効な省略形がその下に表示されます。



上記の構文では、次の形式が有効です:
  • SHOW CONTROLS
  • SHOW CONTROL

ループ

ループは、1回以上繰り返すことができるエントリまたはエントリのグループです。構文図のメイン パスの上に、戻りパスとしてのループが、繰り返すことのできるアイテムまたは複数アイテムを囲むように表示されます:



ループは右から左へ読み取ります。

次の規則がループに適用されます:
アイテム 説明
可能なエントリの最大数 リターン パスに円で囲まれた数字が表示されます。 例では、cnameを最大4回入力することができます。
可能なエントリの最小数 リターン パスに四角で囲まれた数字が表示されます。 例では、少なくとも3つの列名グループを入力する必要があります。
エントリ間に必要な区切り文字 文字は戻りパスに表示されます。

図に区切り文字が表示されない場合は、空白スペースを1つ入れます。

例では、区切り文字はカンマです。
エントリの周りに必要な区切り文字 先頭と末尾の文字は戻りパスの外側に表示されます。

一般的には、区切り文字とエントリの間にスペースは必要ありません。

例では、区切り文字は左右のかっこです。

抜粋

構文フレーズの一部が大きすぎて図に収まらない場合があります。このようなフレーズはパスの中断によって示されます。パスの中断は(|)終了子によって示され、中断の両側に配置されます。抜粋部分の名前は、終了子の間にボールド体で表記されます。

ボールド体の抜粋名および抜粋されたフレーズは、メインの図の直下に表示されます。抜粋されたフレーズはプレーンの水平線で開始および終了します:



複数の適正な句

構文図では、任意の数のフレーズを合法化できます:


この例では、次のすべての語句が合法的です:
  • dbname
  • DATABASE dbname
  • tname
  • TABLE tname
  • vname
  • VIEW vname

構文図の例