文字セット

Teradata® Database XMLデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1140-162K-JPN

XML文書は、XML宣言でエンコーディングを宣言します。XML型実装は、UTF-8エンコーディングでエンコードされた文字データを使用してXMLを構文解析し、データベース内に格納します。テキスト形式を使用してクライアントからサーバーに転送されるXML文書は、UTF-8でエンコードされることが予想されます。この場合、XML宣言で指定されたエンコーディングは、サーバー側のXML型実装によって無視されます。同様に、サーバーからクライアントにテキスト形式で転送されたXML型の値はUTF-8でエンコードされます。

Xercesでは以下のエンコーディングが追加設定なしでサポートされています。
  • ASCII
  • UTF-8
  • UTF-16(ビッグ エンディアン/リトル エンディアン)
  • UCS4(ビッグ エンディアン/リトル エンディアン)
  • EBCDICコード ページIBM037、IBM1047、およびIBM1140
  • ISO-8859-1 (Latin1)
  • Windows-1252
基本的なケースとしては、常に次の型で文書をロード、および返すことができます。
  • XML型(UTF-8がXercesにより追加設定なしでサポートされているので)
  • VARCHAR/CLOB型(DBSによりUTF-8/16への変換が処理されるので)

BLOB 型としてロードするには、文書は、サポートされるエンコーディングでなければなりません。