XMLデータの取得

Teradata® Database XMLデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1140-162K-JPN

XMLデータは、文書全体として、あるいは問合わせ結果として取得できます。

データベースから返されるXML値は、XML 1.0およびXML 1.1の仕様で定義されている整形式XML文書になっていない可能性があります。例えば、XML問合わせで、整形式XML表現の不可能なシーケンスやアトミック値が返されることがあります。そのような場合、構文解析エラーが発生する可能性があることに注意してください。それらの結果は、エンティティ参照により、または文字列連結操作により、他のXML文書に含めることができます。また、整形式XMLが返されるように、問合わせを修正することもできます。

XML値は、常に非フィールド モードで返されます。