データ パーセル

Teradata® Database XMLデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1140-162K-JPN

XML型はLOB型の内部UDTであり、データは他のLOB型と同様の方法で転送されます。XML値はサーバーとクライアントの間をテキスト形式で転送されます。大きい値は複数のパーセルに分離されます。単一文字を複数パーセルに分離することに関して、CLOBデータ型に対する既存のルールが、テキスト形式に適用されます。データを受信すると、クライアントはデータを連結し、適切なパーサーを使用してXML値を取得します。データの送信時にクライアント側には、XML文書のシリアル化表現を分離する機能が必要です。これにより、サーバーは複数パーセルにまたがるデータを連結した後、整形式文書を得ることができます。