文書取得

Teradata® Database XMLデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1140-162K-JPN

ユーザーがXML文書をXML型列に格納し、SQL問合わせを使用してそれを取得する方法を以下に示します。問合わせでは、文書全体を取得するか、または1つの文書ノードを返すXPath/XQuery式を評価するかのいずれかが実行されます。

次の問合わせについて説明します。
SELECT id, xmldoc FROM xmltab;
SELECT id, xmldoc.xmlextract('.', NULL) FROM xmltab;

それぞれの問合わせ結果は、文書ノードをルートとする単一のツリーとして表わされます。この場合、サーバーは文書のシリアル化表現を返します。文書のシリアル化表現は挿入された文書と字句的に等価であることは保証されませんが、意味的には等価(挿入された元の文書のカノニカル表現と、取得される文書は字句的に等価)です。ドライバでは、返された文書を構文解析するか、アプリケーションにストリームで渡すことができます。