16.20 - ステータス変数の値 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

ハンドラーアクションが完了すると、ステータス変数が次の表に示されている値に設定されます。

ステータス変数 ステータス コード
SQLSTATE '00000'
SQLCODE 0
ACTIVITY_COUNT 0

これらの値は、ハンドラーがCONTINUEタイプの場合にのみ返されます。EXITハンドラーの場合、制御は条件の発生した複合文を終了します。

ストアド プロシージャ内の式の評価で例外条件か完了条件が発生すると、ステータス変数SQLSTATE、SQLCODE、およびACTIVITY_COUNTにはすべて、Teradata Databaseから返された特定の警告、エラー、または失敗のコードに対応する値が設定されます。1つの例としては、ゼロ除算の条件があります。

式の評価が正常に完了した場合には、完了の条件は出されません。