16.20 - INCLUDE - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

目的

外部ソース ファイルをアプリケーション プログラムに組み入れます。

呼び出し

実行不可プリプロセッサ宣言。

埋め込みSQLのみ。

構文



include_file_name
組み込むソース ファイルの名前を指定します。
text_nameがSQLCAまたはSQLDAの場合、特殊な結果が得られます。INCLUDE SQLCAとINCLUDE SQLDAはINCLUDEのインスタンスではなく、別個に定義されています。

ANSI準拠

INCLUDEは、ANSI/ISO SQL:2011に準拠しています。

許可

なし。

INCLUDEの使用上のルール

  • Preprocessor2はディレクトリ パスから、指定された名前と言語特有のファイル拡張子を持つファイルを検索します。
    言語 Preprocessor2が探すINCLUDEファイル タイプ
    C pc
    COBOL pb
    PL/I pi
  • INCLUDEファイル名の長さは最大で30バイトまで可能です。
  • INCLUDE文は事実上、アプリケーション プログラムからPreprocessor2への入力の中で、組み込みテキストに置き換えられます。
  • INCLUDE文は入れ子にすることはできません。

    組み込みテキスト内には埋め込みSQL文を入れることができます。ただし別のINCLUDEを入れることはできません。

  • 組み込みテキスト内にINCLUDE SQLCAとINCLUDE SQLDA文を指定することはできます。

関連トピック

INCLUDE SQLCAとINCLUDE SQLDAの詳細については、INCLUDE SQLCAおよびINCLUDE SQLDAを参照してください。