16.20 - クエリー設計を最適化するための更新可能カーソルの使用 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

ANSIモードでは、クエリーの結果に対して、およびクエリーの結果で示されるすべての行に対してカーソルを定義して、行に関連したカーソルを介してデータ行を更新または削除できます。

つまり、更新操作および削除操作では検索条件が識別されず、更新または削除する特定の行へのカーソル(またはポインタ)が識別されます。

サイズの小さいカーソルを複数使用して、選択結果の各行が処理される際にそれを個別に更新できます。

推奨事項

更新可能カーソルの機能を最大限に活用するためには、以下のものを最小にする必要があります。

  • クエリー結果のサイズ、およびトランザクションあたりの更新数。
  • カーソルが開かれたままにする時間。

カーソルあたりの更新数を多くすると、以下の理由で最適化の妨げになることがあります。

  • 他のトランザクションが妨害される。
  • システムで長いロールバックが必要となる。

この場合は、MultiLoadユーティリティを使用して更新します。