16.20 - DECLARE TABLE - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

目的

アプリケーション内の埋め込みSQL文で使用されるテーブルを宣言します。

呼び出し

実行不可プリプロセッサ宣言。

埋め込みSQLのみ。

構文



table_name
宣言されるテーブルの名前を指定します。
ユーザーのプログラム内のCREATE TABLE文で同じ名前が使用されている場合、CREATE TABLE文とDECLARE TABLE文のテーブルの記述は同一でなければなりません。
view_name
宣言するビューの名前を指定します。
ユーザーのプログラム内のCREATE TABLE文で同じ名前が使用されている場合、CREATE TABLE文とDECLARE TABLE文のテーブルの記述は同一でなければなりません。
column_name
テーブルに宣言する列(複数可)の名前。
data_type
column_nameデータ型。
null_attribute
column_nameNULL可能性の指定。
null_attributeがNOT NULLの場合、NULLは許可されず、デフォルト値は指定されません。
null_attributeがNOT NULL WITH DEFAULTの場合、NULLは許可されず、デフォルト値が指定されます。
null_attributeを指定しないと、NULLが許可されます。

ANSI準拠

DECLARE TABLEは、ANSI/ISO SQL:2011規格に対するTeradataの拡張機能です。

許可

なし。

使用

DECLARE TABLEはプログラムの文書化に役立ちます。ただしPreprocessor2はそれを注釈として扱います。

Preprocessor2は構文の検査を行なわず、以下のものの順序の認識を除き、フィールド定義の正しさを検査しません。
  1. DECLAREキーワード
  2. table_nameまたはview_nameの存在
  3. TABLEキーワード