16.20 - 定義 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

カーソルは、SQLクエリーによって返された応答セット内の結果行を指すために、ストアド プロシージャおよびPreprocessor2によって実行時に使用されるデータ構造です。

また、ストアド プロシージャと埋め込みSQLでは、複文リクエストおよびSQLマクロの挿入、更新、実行を管理するためにもカーソルを使用します。

機能的に類似したカーソル制御文の構文が、ストアド プロシージャで使用されるか、埋め込みSQLで使用されるかによって異なる場合があります。このドキュメントでは、個別のカーソル制御文で異なる構文形式を説明しています。埋め込みSQLでのみ有効なカーソル制御文もあります。

BTEQのようなクエリー マネージャを使用して端末から対話的に実施するセッションでは、カーソルは無効になります。