16.20 - ホスト変数としてのSQL文字列 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

Preprocessor2は、SQL文字列を、入力でも出力でもない第3のホスト変数として扱います。

定義

SQL文字列は、埋め込みSQL文を完成させるために使用する一連の文字の集りです。これは、テーブルの行内のフィールドに対応していないので、入力変数でも出力変数でもありません。

ホスト変数としてのSQL文字列

SQL文字列は、いくつかのホスト言語がそれらに対して特別なルールを適用するので、独立したカテゴリのホスト変数です。これらのルールは、<Teradata® Preprocessor2埋め込みSQLプログラマ ガイド、B035-2446>の言語ごとのセクションで詳しく説明されています。

文字列が埋め込みSQL文で参照される場合は、文字列の先頭にコロン文字を付ける必要がある場合があります。詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>の「構文規則」とこのセクションの個々の文の構文規則を参照してください。

文字列をホスト変数として使用する文

以下の表は、SQL文字列をホスト変数として使用する埋め込みSQL文をリストしています。

SQL文 ホスト変数として使用するSQL文字列
CHECKPOINT チェックポイント ラベルをホスト変数として表わす場合
DATABASE データベース名をホスト変数として表わす場合
EXECUTE IMMEDIATE SQL文の文字列をホスト変数として表わす場合
LOGON ログオン文字列の場合
PREPARE SQL文の文字列をホスト変数として表わす場合
SET CHARSET 文字セット名をホスト変数として表わす場合