16.20 - ストアド プロシージャに関係する権限の付与 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN
プロシージャを作成、削除、実行、および変更するための権限は、GRANT文を使用して付与し、REVOKE文を使用して取り消すことができます。
権限 この権限を付与できるデータベース オブジェクトのレベル
CREATE PROCEDURE
  • データベース
  • ユーザー
  • ALTER PROCEDURE
  • DROP PROCEDURE
  • EXECUTE PROCEDURE
  • データベース
  • ユーザー
  • ストアド プロシージャ
  • DROP PROCEDUREは、新しいユーザーやデータベースが作成されるときに、すべてのユーザーおよびデータベースに自動的に付与されます。
  • EXECUTE PROCEDUREは、オブジェクトが作成されるときに、ストアド プロシージャの作成者にのみ自動的に付与されます。

    ストアド プロシージャの所有者と作成者が異なる場合、Teradata Databaseはこの権限を、ストアド プロシージャの所有者に自動的には付与しません。

ストアド プロシージャの直接所有者は、ユーザー、またはそのストアド プロシージャが作成されたデータベース領域になります。一方、作成者とは、任意のデータベース内でストアド プロシージャを作成するユーザーのことを言います。

関連トピック

以下に関する詳細な情報
  • ストアド プロシージャについては、ストアド プロシージャの概要を参照してください
  • 外部ストアド プロシージャについては、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>および<Teradata Vantage™ SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。
  • SQL形式のGRANT文とREVOKE文について、およびALTER PROCEDURE、CREATE PROCEDURE、DROP PROCEDURE、EXECUTE PROCEDURE権限についての詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照してください。