16.20 - ステータス変数の検査 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

埋め込みSQLまたはストアド プロシージャの文を実行するたびに、その後でSQLCODE (またはSQLCAを使用する場合はSQLSTATE)のテストを組み込み、文が正常に完了するようにします。また、受け入れられないステータス変数の値を必ず扱えるようにアプリケーション コードを作成するか、アプリケーションがストアド プロシージャの場合には適切な条件ハンドラーを使用する必要もあります。