16.20 - SQL文の動的な実行 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

以下の表に示されているように、準備形式または即時形式のいずれかでSQL文を動的に実行することができます。

ストアド プロシージャがサポートするのは、即時形式の動的SQLだけです。
動的SQL文のタイプ 説明
準備 有効な文のテキストが準備されてセッションの期間中保存され、アプリケーションの必要に応じてその文を何回でも実行できます。

埋め込みSQL用に静的SQLをコンパイルおよび前処理する際に必要なオーバーヘッドと類似したオーバーヘッドが、SQL文を準備する際にも必要となります。

即時 有効な文のテキストが1回だけ実行されます。

アプリケーションで文を複数回実行する必要がある場合、その文を毎回準備して実行するためのオーバーヘッドを負わなければなりません。

関連トピック

以下に関する詳細な情報