16.20 - DATABASE - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

目的

デフォルトのデータベースを指定します。

呼び出し

実行可能形式。

埋め込みSQLのみ。

構文



database_name
SQL識別子。
database_name_variable
ホスト変数。
コロンが必要です。

ANSI準拠

DATABASEは、ANSI/ISO SQL:2011規格に対するTeradataの拡張機能です。

DATABASEの使用上のルール

  • database_nameまたはdatabase_name_variableのどちらとして指定するにしても、データベース名は有効なSQL識別子でなければなりません。
  • database_name_variable形式を使用する場合は、クライアント言語のSQL文字列のルールに従ってホスト変数を指定する必要があります。
  • DATABASEの指定内容は、必ずDATABASEまたは-dbのPreprocessor2指定内容と一致していなければなりません。

    文とオプションで同じデータベースを指定する必要はないものの、アプリケーション プログラム内の全ての非修飾オブジェクト参照は、アプリケーション実行時にSYSUDTLIB、プリコンパイル時に解決されるオブジェクトと互換性のあるオブジェクトに解決されなければなりません。

  • 複数のデータベースに存在するオブジェクトを参照する場合は、完全修飾名を使用するようにしてください。複数のデータベースに同じ名前のテーブルやビューが存在している場合に、完全修飾名を使わずにそれらのオブジェクトを参照すると、名前解決の問題が発生します。このような名前解決の問題は、同じ名前のオブジェクト群自体を参照していない場合でも発生することがあります。
  • Preprocessor2に対してTRANSACT(2PC)を指定した場合は、DATABASEが無効になります。