16.20 - SQLDAデータ型コード - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

このトピックでは、Teradata Databaseや埋め込みSQLプリプロセッサが使用するデータ型エンコーディングをリストします。

Teradata Databaseは、アプリケーションがPREPAREまたはDESCRIBE文を使って指定したSQLDAにこれらの値を戻します。

プリプロセッサは、プリコンパイラによって作成され、実行時に認識される入力SQLDAフィールドと出力SQLDAフィールドの両方でこの値を使用します。

データ型エンコーディングの所在

データ型エンコーディングは、SQLDAのSQLVARフィールドのうち、2バイトのサブフィールドであるSQLTYPE INTEGERの中に含まれています。

SQLデータ型エンコーディングのNULL可能性の解釈方法

SQLデータ型エンコーディング使用されないSQLデータ型エンコーディングと内部で使用されるSQLデータ型エンコーディングのテーブルを解釈するにはこれらのガイドラインを使用します。

コード 結果
NULL受入可能 標識変数が許可されています。
NULL受入不可能 標識変数が許可されていません。

SQLデータ型エンコーディング

データ型に関してNULL受入れ不可能な特定のエンコーディングに対し、各エンコーディングを決定するためのルールは以下のとおりです。

対象となるエンコーディング データ型のNULL受入れ不可能なエンコーディングに追加する値
NULL受入可能 1
ストアド プロシージャのINパラメータ 500
ストアド プロシージャのINOUTパラメータ 501
ストアド プロシージャのOUTパラメータ 502

以下の表は、SQLデータ型とそのSQLDAデータ型エンコーディングのリストを示すものです。

データ型 データ型エンコーディング
NULL受入不可能 NULL受入可能 IN INOUT OUT
BYTEINT 756 757 1256 1257 1258
SMALLINT 500 501 1000 1001 1002
INTEGER 496 497 996 997 998
BIGINT 600 601 1100 1101 1102
DECIMAL 484 485 984 985 986
FLOAT/REAL/DOUBLE PRECISION 480 481 980 981 982
BYTE 692 693 1192 1193 1194
VARBYTE 688 689 1188 1189 1190
LONG VARBYTE 696 697 1192 1193 1194
BLOB 400 401 900 901 902
BLOB AS DEFERRED 404 405 904 905 906
BLOB AS LOCATOR 408 409 908 909 910
BLOB AS DEFERRED BY NAME 412 413 912 913 914
DATE (DateForm=ANSIDate) 748 749 1248 1249 1250
DATE (DateForm=IntegerDate) 752 753 1252 1253 1254
TIME 760 761 1260 1261 1262
TIMESTAMP 764 765 1264 1265 1266
TIME WITH TIME ZONE 768 769 1268 1269 1270
TIMESTAMP WITH TIME ZONE 772 773 1272 1273 1274
INTERVAL YEAR 776 777 1276 1277 1278
INTERVAL YEAR TO MONTH 780 781 1280 1281 1282
INTERVAL MONTH 784 785 1284 1285 1286
INTERVAL DAY 788 789 1288 1289 1290
INTERVAL DAY TO HOUR 792 793 1292 1293 1294
INTERVAL DAY TO MINUTE 796 797 1296 1297 1298
INTERVAL DAY TO SECOND 800 801 1300 1301 1302
INTERVAL HOUR 804 805 1304 1305 1306
INTERVAL HOUR TO MINUTE 808 809 1308 1309 1310
INTERVAL HOUR TO SECOND 812 813 1312 1313 1314
INTERVAL MINUTE 816 817 1316 1317 1318
INTERVAL MINUTE TO SECOND 820 821 1320 1321 1322
INTERVAL SECOND 824 825 1324 1325 1326
CHARACTER 452 453 952 953 954
VARCHARACTER 448 449 948 949 950
LONG VARCHARACTER 456 457 956 957 958
CLOB 416 417 916 917 918
CLOB AS DEFERRED 420 421 920 921 922
CLOB AS LOCATOR 424 425 924 925 926
CLOB AS DEFERRED BY NAME 428 429 928 929 930
JSONデータ(インライン) 880 881 1380 1381 1382
JSONデータ(ロケータ) 884 885 1384 1385 1386
JSONデータ(遅延) 888 889 1388 1389 1390
GRAPHIC 468 469 968 969 970
VARGRAPHIC 464 465 964 965 966
LONG VARCHAR CHARACTER SET GRAPHIC 472 473 972 973 974
1-D ARRAY 504 505 1004 1005 1006
n-D Array 508 509 1008 1009 1010
UDT(DISTINCT型とSTRUCTURED型の両方) サポートされない

使用されないSQLデータ型エンコーディングと内部で使用されるSQLデータ型エンコーディング

この表は、使用されないSQLDAデータ型コードと、内部で使用されるためユーザーは認識できないSQLDAデータ型コードのリストを示すものです。

データ型 データ型エンコーディング
NULL受入不可能 NULL受入可能 IN INOUT OUT
ZONED DECIMAL (末尾の記号) 432 433 932 933 934
ZONED DECIMAL (末尾の区切り記号) 436 437 936 937 938
ZONED DECIMAL (先頭の記号) 440 441 940 941 942
ZONED DECIMAL (先頭の区切り記号) 444 445 944 945 946

データ型に関してNULL受入れ不可能な特定のエンコーディングに対し、各エンコーディングを決定するためのルールは、SQLデータ型エンコーディングにリストされているものと同じです。