16.20 - DECLARE CURSOR - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

目的

カーソルに名前を定義して、割り当てます。

呼び出し

実行不可宣言。

ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL。

動的SQL形式のDECLARE CURSOR

動的SQL形式のDECLARE CURSORでは、カーソルと動的SQL文を関連付けます。

動的SQL文は、以下のいずれかになります。

  • データを返す文
  • Teradata SQLマクロ
  • マクロおよびデータを返す文を含む、サポートされている文の組み合わせの入った任意のリクエスト
  • Teradata Databaseストアド プロシージャ

マクロ形式のDECLARE CURSOR

マクロ形式のDECLARE CURSORでは、カーソルとTeradata SQLマクロを関連付けます。

リクエスト形式のDECLARE CURSOR

リクエスト形式のDECLARE CURSORでは、カーソルと、SQL文字列定数内で指定する複文リクエストなどの任意のTeradata SQLリクエストを関連付けます。

選択形式のDECLARE CURSOR

選択形式のDECLARE CURSORでは、カーソルと、SELECT文などのデータを返す文を関連付けます。

ストアド プロシージャ形式のDECLARE CURSOR

ストアド プロシージャ形式のDECLARE CURSORでは、カーソルと、SELECT文などのストアド プロシージャのFOR文の本体内でデータを返す文を関連付けます。

ルール(すべての形式)

  • 各カーソル宣言では、それぞれ別のカーソル名を指定しなければなりません。
  • カーソル名は、18文字以内でなければなりません。
  • 特定のカーソル名のカーソル宣言は、他の埋め込みSQL文またはストアド プロシージャ内のそのカーソル名に対する参照よりも前に配置しなければなりません。
  • COBOLの場合、DECLARE CURSOR文は、DATA DIVISION内またはPROCEDURE DIVISION内のいずれかに指定できます。

関連トピック

以下に関する詳細な情報